一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症


一時的なレーシックにおける後遺症
視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。




一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:20210312

これまで長年培ってきた味の好みを
すぐに変えることはとても難しいことと思います。

こってりしたものや味の濃いものが好きな人、
甘いものが大好きな人など、
減量の大敵とわかっていても
なかなかやめられませんよね。

糖尿病の治療で食事制限を行なうときは、
14日間という目安で
食事の味付けや内容などを少しずつ変えていくそうです。

14日間かければ、
だんだんとあっさりした味に慣れることができるんだそうです。

高カロリーの食事が好きな人は、
減量を始めるまえに、
まずは14日間、低カロリーで
あっさりした食事を摂るように心がけましょう。

調理の仕方や工夫次第で、
食事のカロリーや油分は減らすことができますよ。

その際にぜひ活用してもらいたいのは…
まずは、カロリーブックです。

カロリーブックは、
いままで何も考えずに食べていた食事が、
ものすごい高カロリーだったということを気づかせてくれます。
これまでの食生活を見直すのにとても役立ちます。

それから、日々食べたものをメモする日記帳です。
自分がその日に食べたものを日記につけることで、
どれだけカロリーを摂取したかがよくわかります。

なので、食べたものすべてを日記に書くことで、
間食をしたくなったときに
ちょっと我慢しておこうかなと抑えることもできるんです。

減量をするには、
食べものの好みや味の好みを変えていくことが大切です。

あっさり味に慣れると、ほとんど味付けをしなくても
素材の味だけで充分おいしく食べられたりします。

いろいろな素材を自分で食べやすいように工夫して、
減量が楽しみながらできるといいですね。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。
一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックで老眼も治療可能
手術中に痛みがあるのかどうか
術後の安定までの日数
医師選びは知識と経験が大切
悩みの遠視もレーシックで治療
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
レーシックでの視力回復について
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)納得のレーシック情報チャンネル