一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症


一時的なレーシックにおける後遺症
視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。




一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:20201019

ボクの父親は、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、ボクにはそのように感じていました。

ボクは、
父親のようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、ボクが、
父親にようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんなボクを試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんなボクでもいい?」というかのように、
父親の前で何度も、
そんな情けないボクを見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

父親は、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
ボク自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
父親に認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
父親に見せたりしてたような気もします。

そして、
父親が怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんなボクじゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
ボクは何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
親と息子の関係だけでなく
夫と家内の関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。

一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックで老眼も治療可能
手術中に痛みがあるのかどうか
術後の安定までの日数
医師選びは知識と経験が大切
悩みの遠視もレーシックで治療
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
レーシックでの視力回復について
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)納得のレーシック情報チャンネル