一時的なレーシックにおける後遺症

視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:20201130

当たり前のことですが、
減量をするには…
「消費エネルギー>摂取エネルギー」
という公式を守らなければいけません。

減量の必要がある人は、
上の公式が成り立っていないんですよね…

ですから、
自分の連日の生活習慣について、
見直してみる必要があるんです。

まず、摂取エネルギーを減らすということは、
食事の量を減らすということになるわけですが…

皆さんが今食べている食事、
本当にすべて必要な食事なのでしょうか?

よ〜く思い起こしてみてください。

午後食と夕食の間におやつなどと言って
おかしを食べてはいませんか?

仲間との付き合いだからといって、
飲み会に行ったりしてませんか?

果たして、
おかしは生きていく上で
必要なエネルギーですか?

お酒もしかりです。
おそらく余計なカロリーでしょう。

余計なカロリーがたまってしまうから、
減量が必要な状態になってしまうわけですよね。

逆にいうと、その余計なカロリーを
摂取することをやめてしまえば、
摂取エネルギーを減少させることに成功します。

減量への道筋がついたということもできますね?

次に、消費エネルギーを増やすには運動です。
しかし無理な運動は禁物ですよ。

腹筋でいいんです。
少し歩く距離を増やすだけでもかまいません。
運動をする時間を
少しでも増やす努力をしてみましょう。

このようなちょっとした努力によって、
確実に消費エネルギーを増やすことはできます。

消費エネルギーが摂取エネルギーを超えると、
身体に溜まった脂肪をエネルギーに回します。
そして、結果的に減量の成功につながるんです!

減量だからと
難しく考えないで、シンプルに考えましょう!


ホーム サイトマップ