一時的なレーシックにおける後遺症

視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:20200919

5歳から6歳という脳の臨界期に、
我が子どもに対して「お前は天才である!」と
言いきってしまうのが望ましい。

父親から
「お前は天才である!」と言われると、
子どもは自分を天才と思うようになり、
脳のシナプスを最大限増やすことが可能になる。

脳の臨界期は限られた期間しかないので、
ここで言っておかないと脳のシナプスを
最大限増やすことはできない。

そもそも天才は天与のものであって、
父親が言った所で天才になるわけがないのだ。

でも父親が我が子どもを天才だと思うことは
決して悪いことではない。

父親が「お前は天才だ!」と
言いきってしまうことは、
子どもの脳の成長には非常に有益なのである。

冷静に考えれば、
我が子どもが天才であろう筈がない。

しかし子どもが何かをしてきて、
それに対して父親が大袈裟に褒めまくり、
天才だと断言してしまえば、子供の脳に劇的な変化が起こり、
我が子どもを天才と仕立て上げることが可能になるのだ。

ところが
大方の父親たちはそれをしない。

我が子どもの些細なミスを見つけ出し、
それを叱りまくるということを仕出かしてしまう。

5歳や6歳だと
子どもは父親と会話がきちんと成立するので、
子どもを小さな大人とみなしてしまい、
それで子どもの欠点を突きまくる。

父親が余り子どもと接触し過ぎることが非常に危険なのは、
父親が育児をし過ぎる余りに
親馬鹿になってくれなくなってしまうからである。

父親は仕事に専念し、
僅かな時間だけ子どもに接するからこそ、
子どもの成長が大きな変化に見えて、
物の見事に親馬鹿になってくれるのである。

だからこそ日々の育児は
絶対に母親がすべきなのだ。


ホーム サイトマップ