レーシック後には感染症に注意

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。

 

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。
レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。



レーシック後には感染症に注意ブログ:20201201

効果的な減量の方法といえば、
やはり、栄養バランスのとれた食事をしっかりと食べて、
トレーニングして減量するという方法ではないでしょうか。

どのくらい減量したいかにもよりますが、
ある程度の体重を落としたいなら、
食生活の改善と食事は、減量に不可欠です。

健康的に減量するための食事の目安としては、
脂肪分が食事全体の30%未満で、タンパク質が20%くらい、
野菜やフルーツは一杯食べて、
色んな種類の炭水化物を50〜60%くらい摂るのが良いそうです。

油を抜くとか、脂肪を全然摂らないとか、
炭水化物を極端に減らしたり、抜いたりとかは、
絶対にやめましょう!

栄養の偏った食事で、
一時的に体重を落としたとしても、
元の食事に戻すと、
あっという間にリバウンドをしてしまいますし、
病気を引き起こす要因にもなりかねませんよ!

バランスの良い食事を摂り、間食を減らすのが、
減量には最適なのです。

また、食生活の改善と一緒にトレーニングも行ないましょう。
その時に気をつけたいのが、
トレーニングしたから、少しくらい食べても大丈夫と油断してしまうことです。

せっかくトレーニングしても、それ以上にカロリーをとってしまっては
減量になりません。
トレーニングで消費されるカロリーって、驚くほど少ないんですよね。

逆に、スナック菓子を食べたくなった時、
このカロリーを消費するためには、
どのくらいトレーニングしなければいけないかと考えたら、
少しは間食が減るかもしれませんね。

とりあえずは、今よりもトレーニング量を増やして、
間食と外食を極力減らすことから
減量を始めてみてはいかがでしょうか。


ホーム サイトマップ